2011年11月15日

土鈴と土笛

IMG_4327.jpg


埴台国では秋の収穫に感謝し、毎夜宴が催された。
土笛の素朴なメロディ、土鈴のリズム、民の声が山々にコダマした。

-----
11月の新作が6つぐらい焼けました。
(そのうち2つが破裂)

文化祭に陶芸教室のお友だちが色々出品されました。

 ・見た目も音も可愛い土鈴
 ・木の実のように可愛い土笛

素晴らしかったです♪ 
皆さんに刺激を受けて私も作成してみました。

左の土鈴は有名な「銅鐸」をイメージして、
笛は文化祭で見た笛を参考に作成しました。

:野焼きメモ:
1時間半ぐらいかけて、遠火でじっくり水分を飛ばす。
粘土が栗色になったかどうかが目安。
土鈴の玉に巻く新聞紙は巻き過ぎないように。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村
posted by 埴台国 at 09:09| Comment(0) | 埴台国 埴輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。