2011年09月29日

野焼き 激闘編

地元の野焼きイベントにスタッフとして参加し、
私は今まで焼いた作品を再度、高温で焼いてみました。
ココは「高畑遺跡」といって竪穴式住居跡と土器がたくさん出土した所です。

野焼き1.jpg

まずは自然に感謝し、さぁ、点火。

点火.jpg

焼き途中.jpg

何度も木をくべ

段々炎の色も変わり、高温になったことがわかります。
赤より黄、黄より青、青より白と言われてます。

炎の色.gif

10回ぐらいくべました。火柱は10mぐらいになりました。

その火が落ち着いたころ、「理想の火の色になった」と先生がおっしゃいました。
0:30を過ぎた頃でした。星が綺麗いな夜で、
東京から参加した若者はずっと星を見てました。

翌朝、まだ熱く、さわれませんでしたがこんな感じ。

野焼き2.jpg

当初は七輪、今はバーベキューグリルで焼いていますが
古代は角材なしで枝や枯れ草でやってたにしても、ウチの火力は課題です。

先生より、
「植木鉢でイイから、かぶせるだけで温度は上がるぞ」と
アドバイスを頂きました。ありがたや、ありがたや。
posted by 埴台国 at 13:39| Comment(0) | 埴台国 埴輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。